ダイエット食事と間食

ダイエット中の食事と間食の採り方
ダイエットを行っていると、普段の食事に気を配り、甘いものを食べずにいるので、時々甘い物が無性に食べたくなるときもあるでしょう。
このようなことが続くと強いストレスを感じやすくなります。

 

ダイエットをしているときは、摂取カロリーが多くならないように間食はせずに、3回の食事だけにするのが望ましいです。
しかし、1日の食事のリズムを考えると、15時のおやつは何も食べないよりは、少し何かを食べた方がよいという考え方もあるようです。

 

通常、朝7時ごろ朝食を食べ、12時に昼食を食べます。
この間は5時間前後の場合が多いでしょう。
そして、夕食を食べる時間はさまざまですが、だいたい19時から20時ごろの時間帯が一般的でしょう。
昼食を食べたあとから、夕食を食べるまでの間が7時間から8時間です。
この間は、何も食べないでいるよりは、15時から16時の間に間食を取り入れればよいでしょう。

 

ダイエットをしているときの間食は、ケーキやスナック菓子ではなく、おせんべいなどの歯ごたえのあるものを選ぶとよいでしょう。
甘い物が食べたいときは、こんにゃくゼリーや和菓子などを選ぶようにしましょう。
歯ごたえのあるものは、よくあごを動かすことで満腹中枢が刺激されるので食べすぎを防ぐことができます。
また、和菓子は洋菓子に比べて、脂質が少なくカロリーも少ないものが多いので、ダイエットに向いていると言えます。
また、運動や食事量の調節をするなど工夫しましょう。

 

ダイエット中でも、食事に影響しない時間や食べるものに注意すれば間食をしてもよいでしょう。