ダイエット食事の夕食について

ダイエットの食事と夕食の食べ方
ダイエット中は、食事に気を配る人も多いでしょう。
一般的に夕食をしっかりと食べるという人が多いでしょう。

 

ダイエット中でも、1日3回の食事は取るようにしましょう。
食事の回数を減らすと、体が飢餓状態と思い、食べ物が体に入ったときに、脂肪をしっかりと蓄えようとします。
ですから、バランスよく3回食事を取るようにします。
朝食は、あまり食欲がわかず、飲み物だけという人やフルーツやヨーグルトだけと言う人も多いでしょう。
昼食は、外食になりやすく、好きな物を食べているという場合もあります。
そして、夕食は1日3回の食事のうち、もっともしっかりと食べているという場合が一般的のようです。
しかし、夜は、体を休め、就寝するだけなのであまり高カロリーの物を食べないようにした方がダイエットによいとも言えます。
食事は、就寝の2から3時間前までに済ませ、できれば軽めの食事の方がよいでしょう。
また、23時ごろから成長ホルモンの作用などで、脂肪が燃えやすい時間ですので、遅くても24時までに就寝した方がダイエットにつながります。

 

それから、夕食にお酒を飲む場合もあるでしょう。
お酒そのものは、カロリーも低く飲みすぎなければ、ストレス発散などにも役立ちます。
しかし、おつまみは高カロリーの物が多いので、野菜スティックなどを選ぶようにしましょう。

 

ダイエット中でも、工夫すればカロリーコントロールが可能です。
夕食は、揚げ物やカロリーの高い物ではなく、温野菜などを中心に食べるようにするとよいでしょう。