ダイエットと食事量(リライト済み)

ダイエットと食事の採り方
ダイエットを行う際は、食事の量や内容が気になります。
また、早く体重を減らすために極端に食事の量を減らす場合があるようですが、これは、間違えたダイエットといます。

 

ダイエットにはいくつかの語源の由来がありますが、日本でダイエットと言うと「食事療法」と言う意味があり、食事の制限をしながら既往症と向き合うことや健康維持を目的にしています。
しかし、現在では、ダイエットと言うと減量や痩身を意味する言葉として使われることが多いようです。

 

ダイエットには、急激な減量ではなく、緩やかに体重が減っていくのが理想的です。
人間の体は、少ない食事でも耐えられるようになっています。
食事をとったときに吸収された栄養分を体の中にため込もうとする働きが体の機能に含まれています。
ですから、たとえ少ない量の食事であっても、体を守るために脂肪を蓄えようとします。
その結果、ダイエットを開始したときは、体重の変化が見られても、だんだん変化が見られなくなります。
しかし、体は食事の量が少ないことに慣れてしまった状態なので、食事の量を元の量に戻すと、脂肪がダイエット前よりも蓄えられるようになっているので、あっという間に元の体重に戻り、それ以上になってしまう場合があります。

 

ダイエットを行うときの食事の採り方は大変重要です。
食事の量が少ないと便秘にもなりやすく、栄養不足で体調が悪くなる場合があります。
ですから、1日3回の食事で、栄養のバランスも考え、高カロリーや高脂肪のものを避けながら、食べるようにするとよいでしょう。