ダイエット食事と調味料

ダイエット食事と調味料

ダイエットの食事と調味料の使い方
ダイエットに大きなかかわりを持っているのが食事の取り方です。
単純に体重を減らすことだけではなく、健康的にダイエットを進める必要があります。

 

ダイエットを行うときは、食事のカロリーに気を配る必要があります。
食材を調理して、調味料で味を調えて食べるのが食事ですから、食材のカロリーだけでなく、調理に使った油や調味料のカロリーも気にするようにします。
最近は、カロリー半分のマヨネーズやノンカロリーのドレッシングが市販されているので、食事のときに活用するとよいでしょう。
しかし、ドレッシングは、塩やしょうゆが含まれており、塩分が心配です。
ダイエット中は、カロリーのほかに塩分にも気を付ける必要があります。
塩分の取りすぎは、血中の塩分を高め、それを正常な状態にするために、水分を多く取ります。
その結果、むくみの原因となるので、むくみ太りがきになるようになります。
また、血圧の上昇や腎臓の機能低下などを招く原因になります。
ダイエットを行っているときは、塩やしょうゆの代わりに、レモンや酢の酸味を加えるとよいでしょう。
また、体を温める作用が効果的な生姜やにんにく、ねぎなどをドレッシングの変わりに使うのもよいでしょう。
それから、唐辛子などの辛味も食事を食べやすくします。

 

ダイエットをしているときは、食事の内容のほかに、調理法や調味料にも気を配るようにしましょう。
また、すぐに大幅に体重が減るようなダイエット方法は見直す必要があると言えます。