ダイエット食事の調理法

ダイエット食事の調理法

ダイエットの食事と調理の仕方
ダイエットは、肥満を予防して、健康的に減量することを言います。
減量だけに着目して、過激な食事制限をするようなダイエットは体調を崩してしまうので、注意しましょう。

 

ダイエット中は、食事は重要になります。
また、それらを調理するときもカロリーを抑える工夫をするとよいでしょう。

 

油を使ったフライや天ぷらは、食材をおいしくする調理の仕方ですが、カロリーが高くなります。
ですから、ダイエットをしているときの食事は、揚げ物を避けるのが定説であると言っても言い過ぎではありません。
だからと言って、まったく熱を通していない生野菜のサラダは、体温を下げるので、基礎代謝の低下につながります。
ダイエットを行っているときの調理の仕方は、「ゆでる」「蒸す」を中心にするとよいでしょう。
キャベツ1玉の半分を生で食べるのは、とても大変です。
同じ量をゆでたり、蒸したりするとかさが少なくなるので、食べやすくなります。
また、肉類も油で炒めよりも、ゆでたり蒸したりした方が余計な油が落ちてカロリーを抑えることができます。

 

ダイエットをしているときでも、まったく油を取らない食事は、肌や髪の毛のつやがなくなりますので、少量の油でも調理できるテフロン加工のフライパンなどを使うとよいでしょう。
そのほかには、電子レンジを使って、調理すると油を使わずに済みます。

 

ダイエット中の食事を作るときには、調理の仕方を工夫するとカロリーダウンにつながります。