ダイエットでの食事と運動の時間

ダイエットでの食事と運動の時間

ダイエット中の食事と運動
ダイエットは、さまざまな女性誌や健康に関する雑誌などの特集になることが多く、いろいろな世代の人たちがダイエットに関する興味が高いことが伺えます。

 

ダイエットは、医学用語で言うと「食事療法」の意味を持っています。
糖尿病や高血圧などの疾患によって、食事療法を必要としている患者に食事の指導が行われます。
これを自発的に行っているのが、一般的に言われるダイエットに相当するかもしれません。
また、ダイエットと言うと減量や痩身をイメージする人が多いようです。

 

ダイエットを行っているときは、食事の取り方が重要になります。
食べるものだけではなく、食べる時間帯なども気を配るようにしましょう。
朝食は、1日の活力になる食事なので、しっかりと食べるようにしましょう。
比較的、夜の食事の方がしっかりと食べている場合が多いようですが、夜は夕食を取ったあと、就寝するだけなので軽めの食事でも十分でしょう。
それから、朝おきてから朝食を取る前空腹時時間帯に、運動を行うと脂肪の燃焼が通常の1.5倍になります。
早朝の運動が難しい場合は、昼食前や夕食前に運動を取り入れると脂肪の燃焼を高めることができます。
食事をしたあとの運動は、副交感神経の作用によって、脂肪の燃焼が行われず、栄養として体内に吸収されやすい状態になっています。

 

ダイエットを行うのであれば、食事の内容に気を配り、運動を一緒に行うと成功しやすいようです。