ダイエット食事と低インシュリンダイエット

ダイエット食事と低インシュリンダイエット

ダイエットの食事と低インシュリンダイエットのやり方
ダイエットを行うとき、誤った食事制限の方法は、体調を悪くするので注意が必要です。

 

低インシュリンダイエットは、血糖値の上昇を抑えた食事をすることで、インシュリンの分泌を抑制しながら、脂肪合成を抑制して脂肪の燃焼を高めることができます。
さらに、インシュリンの分泌が少ないと、食事で摂取した糖分はエネルギーとして消費されるようになり、脂肪細胞に蓄えられる量が減って行きます。
ダイエットを行うときに、炭水化物を食べないダイエット方法を行う場合があるようですが、これは、長期間行うと体のエネルギーが損なわれ、筋肉量の低下が起こり、基礎代謝がダウンしてしまいます。
ですから、低インシュリンダイエットを行うことで、GI値の低い炭水化物を食べるとよいのです。

 

低インシュリンダイエットに出てくる「GI値」とは、ブドウ糖の100を基準にして、そのほかの食物が持つ血糖値の上昇を表す値のことです。
これらを基準に低インシュリンに向いている食品は、玄米、全粒粉のスパゲティやパン、シリアルなどで炭水化物を摂取することができます。
そして、野菜では、きのこ類、海藻類、トマト、ブロッコリーなどの緑黄色野菜を中心としたものです。
そのほかには、オレンジや牛乳、プレーンヨーグルト、ピーナッツ、肉類、魚類です。
一方、避けた方がよい食品は、白米、うどん、イモ類、アイスクリームなどです。

 

低インシュリンダイエットは、食事の内容に注意すれば、運動や厳しい食事制限を行わなくて済むダイエットです。