ダイエット食事と摂食障害

ダイエット食事と摂食障害

ダイエットの食事と摂食障害の可能性
ダイエットは、若い世代ばかりでなく、中性脂肪やメタボリックが気になる中高年世代でも話題と言えるでしょう。
さまざまなダイエット方法が紹介されていますが、どの方法の長い期間をかけて行うことを理解しておきましょう。

 

ダイエットを行って、短期間で体重がどんどん減って、理想の体系になると言う方法は難しいですし、もし、すぐに体重が減ったとしても、停滞期などがあり、思うように体重が減らない場合があります。
理想的なダイエットは、1ヵ月に1kgから2kgの減量が行えればよいでしょう。
ダイエットは、食事に注意して運動を一緒に行うようにすればよいでしょう。
そこで、あまり厳密に行うと摂食障害になってしまう場合があります。
また、強い思い込みによって、食事が食べられない状態になる場合があります。
これを摂食障害と言います。
食事を取ったことに罪悪感を抱いて、食べ物が食べられなくなったり、食べたものを吐き出してしまったりする場合があります。
これが加速すると拒食症や過食症になる可能性があります。
拒食症は、食事がとることができなくなり、ほんの少量の食事でも食べることができなくなります。
また、食べたとしても、すべて吐き出してしまうようになります。
過食症は、食べなければならないという強迫観念によって、食事を取りますが食べたことを後悔してしまうと言う症状が見られます。

 

ダイエットによって摂食障害になる人も多く、心因的な要素が大きくかかわっています。