ダイエット食事には大豆を

ダイエット食事には大豆を

ダイエットの食事と大豆
ダイエットをしていると全体的に食事の量が減るので、便秘になる場合もあります。
ですから、意識的にお通じをよくする食物繊維が多く含まれた食材を選ぶようにするとよいでしょう。

 

ダイエットに向いている食材には「大豆」があります。
大豆は、栄養価が高く、低脂肪で、低カロリーの上、大豆イソフラボンが多く含まれています。
大豆を使った料理を食事に加えるよいでしょう。

 

ダイエットを行っていても、必要な栄養素や生命維持に必要最低限の摂取カロリーがあります。
バランスよく必要な栄養素を食事でとるとおよそ1800キロカロリーと言われています。
ダイエットの視点からみれば少し、摂取カロリーが多いといえるでしょう。
このようなときに、できるだけ低カロリーで高たんぱくなものを食事で食べるようにするとよいでしょう。
それに最適なのが「大豆」です。
特に、大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをするので、ダイエットで乱れがちになるホルモンのバランスを整えることができます。
また、大豆に含まれる大豆オリゴ糖の働きによって腸内の善玉菌を増やし、便秘の解消にも役立ちます。

 

大豆は、豆腐や納豆、豆乳などで手軽に食べることができます。
毎日の食事に冷奴や豆乳スープ、豆乳をベースにしたフルーツジュースなどを取り入れ、摂取カロリーを抑えるとダイエットの効果がより期待できるものになるでしょう。