プロテインが飲みにくいとき

プロテインが飲みにくいとき

近ごろのプロテインは飲みやすくなっています。

 

チョコレート味、ピーチ味、イチゴ味など、さまざまなフレーバーがあります。

 

自分の好きな味を選ぶことで、無理なく飲めるようになりました。

 

しかし、人によっては飲みにくいこともあります。

 

いくら味付けをしていても、プロテインの味は残るものです。

 

クセのある食感が苦手な人だと、長く飲み続けるのは難しいかもしれません。

 

プロテインが飲みにくいときは、飲料を変更してみましょう。

 

味が薄い飲料ほどプロテインの味が強調されます。

 

濃い味の飲料ならば、違和感はそれほどありません。

 

■オススメの飲料
・かんきつ系
オレンジジュースなどのかんきつ系は、プロテインのクセをうまく和らげてくれます。

 

・ヨーグルト
ドロドロしたヨーグルトは、プロテインとなじみやすいのです。

 

ただ、ヨーグルトに溶かして飲む場合、プロテインの粉っぽい食感が残ることがあります。

 

粉がのどに引っ掛るようなら、果物を用意してミキサーに入れて混合しましょう。

 

バナナとも相性がよいので、ハチミツ、ヨーグルト、氷などと一緒にミキサーで混合して飲んでみましょう。

 

人によって飲みやすい食感に差があるので、プロテインと混合するときは、いろいろなバリエーションを試してみましょう。

 

■ミキサーがないとき
冷凍した果物を使用します。

 

半分くらい溶けた状態のとき、おろし金ですりおろします。

 

プロテインと混合してみて飲みやすい配合を見つけます。

 

飲みにくいときは、果物の量を増減したり、ハチミツを追加で加えたりし、飲みやすくなるように工夫します。