プロテインが飲みにくいとき

近ごろのプロテインは飲みやすくなっています。

 

チョコレート味、ピーチ味、イチゴ味など、さまざまなフレーバーがあります。

 

自分の好きな味を選ぶことで、無理なく飲めるようになりました。

 

しかし、人によっては飲みにくいこともあります。

 

いくら味付けをしていても、プロテインの味は残るものです。

 

クセのある食感が苦手な人だと、長く飲み続けるのは難しいかもしれません。

 

プロテインが飲みにくいときは、飲料を変更してみましょう。

 

味が薄い飲料ほどプロテインの味が強調されます。

 

濃い味の飲料ならば、違和感はそれほどありません。

 

■オススメの飲料
・かんきつ系
オレンジジュースなどのかんきつ系は、プロテインのクセをうまく和らげてくれます。

 

・ヨーグルト
ドロドロしたヨーグルトは、プロテインとなじみやすいのです。

 

ただ、ヨーグルトに溶かして飲む場合、プロテインの粉っぽい食感が残ることがあります。

 

粉がのどに引っ掛るようなら、果物を用意してミキサーに入れて混合しましょう。

 

バナナとも相性がよいので、ハチミツ、ヨーグルト、氷などと一緒にミキサーで混合して飲んでみましょう。

 

人によって飲みやすい食感に差があるので、プロテインと混合するときは、いろいろなバリエーションを試してみましょう。

 

■ミキサーがないとき
冷凍した果物を使用します。

 

半分くらい溶けた状態のとき、おろし金ですりおろします。

 

プロテインと混合してみて飲みやすい配合を見つけます。

 

飲みにくいときは、果物の量を増減したり、ハチミツを追加で加えたりし、飲みやすくなるように工夫します。

関連ページ

人気プロテイン~グリコ「オールインワンプロテイン」~
パワープロダクションシリーズの「オールインワンプロテイン」は、グリコの混合型プロテインとして人気です。 たんぱく質:脂質:炭水化物の割合は「4:1:5」です。 プロテインの成分は、ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインで構
プロテインの1日あたりの摂取量
プロテインを摂取するうえで気になるのが摂取量です。 サプリメントなどと異なり、1日あたりの摂取量が分かりにくいという人もいます。 プロテインは必須成分ですが、ビタミン・ミネラルと同様に過剰摂取は避けるべきです。 過剰に摂取してしまうと
ホエイプロテインの性質
牛乳由来のホエイプロテインは、ホエイたんぱく(乳清)から生成されます。 昔は価格が高額でしたが、浸透膜技術の急速な進歩により、現在では代表的なプロテインになりました。 浸透膜技術は、粉っぽい食感を解消して飲みやすくしています。 吸収性
いろいろなプロテイン
プロテインの種類はさまざまです。 いくつかの分類法がありますが、ここでは原料別の分類について説明していきましょう。 ■牛乳由来 「カゼインプロテイン」「ホエイプロテイン」の2つに大別できます。 牛乳由来のカゼインタンパクを利用したの
プロテインのメリット
プロテインにはさまざまなメリットがあります。 ■吸収率 たんぱく質と比べ、吸収率が優れています。 速やかに人体に吸収されるので、スポーツドリンクなどに豊富に含まれています。 また、食べ物から摂取する場合、肉や魚を食べすぎてしまうデメ
ソイプロテインの性質
ソイプロテインは、大豆が原料のプロテインです。 植物たんぱく質なので、動物性たんぱく質が苦手な人に適しています。 アレルギーになる確率も低いので、デリケートな体質の人にオススメです。 ■消化・吸収 ゆっくりと体内に吸収されます。
BCAAのプロテイン
「BCAA」と記載されたプロテインを知っている人は多いでしょう。 これは、人体の必須アミノ酸であるバリン・ロイシン・イソロイシンの3つの呼び名です。 「分岐鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acid)」が名称の由来と
プロテインを溶かす飲料
粉末プロテインは、飲みやすいように味付けされています。 昔ならば、ジュースや牛乳と一緒に混ぜて飲むのが一般的でしたが、現在は水で溶かしても普通に飲めます。 むしろ、水で溶かすことを前提として作られているプロテインが多いため、溶かすために
プロテインを無駄なく活用
プロテインは安い飲み物ではありません。 毎日活用するとなれば、月に数千円はかかるでしょう。 無駄なくプロテインを飲むなら、しっかりと溶かすことが基本となります。 また、きちんと溶かしたほうが美味しいので、ダマにならないように気を配りま
プロテインについて
「プロテイン・ダイエット」という言葉は、各種メディアでも評判になっています。 テレビでは女性有名人が利用し、スッキリとしたスリムな体を手に入れています。 ダイエットといえば、食事を制限して栄養不足になることが多いというイメージがあります
混合型(複合型)プロテインの性質
「混合型(複合型)プロテイン」とは、複数のプロテインを混合したタイプのことです。 単体のプロテインとの違いは、互いの成分のメリットを生かせることです。 一般的に吸収率が優れていると、人体での作用が短いというデメリットが生じるため、吸収率
プロテインの役割
プロテインについて役割を見ていきましょう。 人体の成分は水分だけで6割にもなります。 続いて多いのがたんぱく質(プロテイン)なのです。 人体の2割を占めており、細胞の乾燥重量では6割にもなります。 人間には1万を超える種類のたんぱく
人気プロテイン~ザバス「ウェイトダウン」~
ザバス(SAVAS)「ウェイトダウン」は、明治製菓のプロテインです。 痩せたい人からの支持が高く、たんぱく質の含有量は80%にもなります。 筋肉を維持したうえで脂肪を燃焼させたい人に適した成分です。 ■内容成分 プロテインはソイプロ
プロテインを摂取するメリット
たんぱく質は生命活動のために必要です。 食事で足りないぶんは、プロテインサプリとして摂取するのが一般的です。サプリの種類には、ソフトカプセル、粉末、ドリンクなどがあります。 一般的に使われるのは粉末タイプになります。 プロテインといえ
人気プロテイン~ケンタイ「100%CFMホエイプロテイン」~
「100%CFMホエイプロテイン」のマッスルビルディングタイプは、Kentai(ケンタイ、健康体力研究所)の人気プロテインです。 運動やスポーツをする人からの評価が高く、トップアスリートも愛用しています。 ■成分 WPI(ホエイプロテ
プロテイン・ダイエットのやりかた
ダイエットの栄養素として欠かせないのがプロテインです。 人体の構成成分なので、食事制限によって抑えるのはタブーです。 不足すると代謝機能が悪くなり、逆に痩せにくくなるのです。 プロテインが不足すると、筋肉も減少していきます。 筋肉は
プロテインのシェイカー
プロテインシェイカーは、継続的にプロテインを飲む人にオススメのアイテムです。 シェイカーを使うときは、清潔にして長持ちさせるようにしましょう。 ■シェイカーの使いかた ・ゴシゴシと洗浄しない 樹脂(プラスチック)製のシェイカーは、傷
人気プロテイン~DNS「プロテインホエイ100」~
DNS「プロテインホエイ100」のストロベリー風味は、ドームの人気プロテインです。 ランキングにもたびたび登場しており、人気の高さがうかがえます。 さわやかなストロベリー風味は、継続的に飲みたい人からの評判が上々です。 ホエイプロテイ
プロテイン~必須アミノ酸とは~
アミノ酸はたんぱく質の最小単位のことです。 たんぱく質は人体で分解され、アミノ酸になって機能を発揮します。 吸収率ではアミノ酸のほうが優れているので、すぐに体感したい人はアミノ酸飲料などが適しています。 プロテインサプリもたんぱく質の
プロテインを比べて選ぶ
ここでは、各プロテインの性質についてあげてみましょう。 プロテインを選択するときは、自身の体に合ったタイプを知ることが大切です。 ■ホエイプロテイン ・原料 牛乳に含有するホエイたんぱく(乳清) ・メリット 消化・吸収に優れてお
プロテインの服用の基本
プロテインは粉末タイプが主流です。 飲料に溶かして摂取するのが普通です。 飲料、コップ、スプーンを用意し、必要な量のプロテインを溶かして飲みます。 ただ、プロテインの種類によってはダマになったり、スプーンに付着したりします。 美味し
プロテインの熱変性
プロテインの成分はたんぱく質です。 たんぱく質には熱変性があり、高温になると性質が変化します。 熱変性の分かりやすい例は、肉類の調理でしょう。 生の肉を加熱すると、赤から灰色がかった色に変化します。 また、弾力性もなくなってカチカチ
プロテインと筋肉の増加
筋肉を増やすためにはプロテインが必要です。 プロテイン(たんぱく質)が筋肉になるためです。 スポーツ選手が筋肉トレーニングをしながらプロテインを飲むのは、筋肉を強化させる目的があるのです。 プロテインはたんぱく質の最小単位であるアミノ
人気プロテイン~ウィダー「マッスルフィットプロテイン」~
ウィダー「マッスルフィットプロテイン」は、森永製菓の人気プロテインです。 ホエイプロテインとカゼインプロテインの配合が5対5になっており、両者のメリットを生かしています。 吸収力が高いと持続しないプロテインが多いですが、この商品では上手
プロテインとたんぱく質
たんぱく質のことをプロテインといいます。 サプリメントとして利用するときはプロテインと呼ぶことが多いですが、栄養素として説明するときは、たんぱく質という言葉を使うのが普通です。 たんぱく質は、アミノ酸がいくつか組み合わさってできた物質で
エッグプロテインの性質
エッグプロテインは、鶏の卵を原料にしています。 卵といえば、カロリーが高くてコレステロールが多いというイメージを持つ人が多いでしょう。 卵の適量は1日に1個といわれており、過剰摂取は健康を害するとされます。 その点、エッグプロテインは
プロテインとたんぱく質の量
プロテインとはたんぱく質のことです。 ただ、ニュアンスとしては、粉末状に加工している商品を指すことが多いようです。 プロテインによって「たんぱく質含有量」が異なるので、実際に摂取したいたんぱく質を把握したうえで選ぶことが大切なのです。
カゼインプロテインの性質
カゼインプロテインは、牛乳に含まれるカゼインたんぱくが原料です。 牛乳のたんぱく質の8割は、カゼインたんぱくなのです。 ホットミルクを作った人なら、表面に薄い膜ができるのを知っているでしょう。 この膜がカゼインたんぱくなのです。 牛
プロテインの飲用の注意
プロテインを飲むときには気をつけるべきポイントがあります。 早めにコツを覚えて、いつでも手軽に飲めるようにしたいものです。 ■シェイカーを選択する シェイカーによって使い勝手が異なります。 内容物が飛散しないタイプを選択しましょう。