プロテインと筋肉の増加

プロテインと筋肉の増加

筋肉を増やすためにはプロテインが必要です。

 

プロテイン(たんぱく質)が筋肉になるためです。

 

スポーツ選手が筋肉トレーニングをしながらプロテインを飲むのは、筋肉を強化させる目的があるのです。

 

プロテインはたんぱく質の最小単位であるアミノ酸に分解されます。

 

アミノ酸は血液に入りこみ、筋肉へと運搬されます。

 

ここで、アミノ酸が筋肉を構成し、強化させていきます。

 

素早い作用を期待するならば、アミノ酸として摂取するのが一番です。

 

■筋肉の性質
再生するときに強化されます。

 

筋肉トレーニングをしたあと、何日か筋肉を休ませると、再生能力を高められるのです。

 

筋繊維が損傷すると、より強い筋繊維の再生につながるのです。

 

ただ、筋肉の再生のためには、運動後の筋肉を十分に休ませることと、プロテインの摂取が大切となります。

 

■ホルモンの分泌
疲労は筋肉に蓄積する乳酸が引き起こします。

 

乳酸を速やかに解消すれば、疲労回復の効率も高まります。

 

筋肉には適度なストレスが必要です。

 

ストレスを与えることで、成長ホルモンを活性化させるのです。

 

筋肉の成長・強化のためには、ホルモンの分泌が欠かせないのです。

 

筋肉を増強させるにはプロテインが必要です。

 

食事からたんぱく質として摂取する方法もありますが、運動後の筋肉への浸透率を高めるためには、プロテインやアミノ酸として摂取したほうがよいでしょう。

 

たんぱく質を食事で補給する場合、カロリーを取りすぎるリスクもあります。