プロテインの役割

プロテインの役割

プロテインについて役割を見ていきましょう。

 

人体の成分は水分だけで6割にもなります。

 

続いて多いのがたんぱく質(プロテイン)なのです。

 

人体の2割を占めており、細胞の乾燥重量では6割にもなります。

 

人間には1万を超える種類のたんぱく質があり、それぞれが連結して人体を作り上げています。

 

たんぱく質が不足すると、細胞を作る原料がなくなります。

 

ダイエットをしながらプロテインサプリを摂取するのは理に適っているのです。

 

■触媒
酵素は触媒として機能する物質で、化学反応をつかさどっています。

 

大部分がたんぱく質で構成されています。

 

細胞の物質代謝・エネルギー代謝には酵素が欠かせません。

 

酵素は種類によって反応する物質が異なり、数多くの種類が認められています。

 

■抗体
抗原に機能して免疫力を発揮します。

 

■情報伝達
生体の情報伝達に欠かせません。

 

生理機能をコントロールする役割もあります。

 

■貯蔵用
たんぱく質には、特に機能しない貯蔵用もあります。

 

■生体構造の形成
何らかの機能を求めて利用する場合は、プロテインと呼ぶことが多いようです。

 

コラーゲン、ケラチン、アクチン、ミオシンなどは、プロテインサプリのなかでも代表的な成分です。

 

自分に合ったプロテインを摂取すれば、脂肪の燃焼を促進したり、筋肉を付けたりできます。

 

筋肉トレーニングをする人は、筋肉の再生・強化のためにも積極的にプロテインを摂取しましょう。

 

粉末タイプのプロテインなら、水に溶かして飲めるので便利です。