プロテインの1日あたりの摂取量

プロテインの1日あたりの摂取量

プロテインを摂取するうえで気になるのが摂取量です。

 

サプリメントなどと異なり、1日あたりの摂取量が分かりにくいという人もいます。

 

プロテインは必須成分ですが、ビタミン・ミネラルと同様に過剰摂取は避けるべきです。

 

過剰に摂取してしまうと、体重が増加してしまったり、成分が無駄になったりします。

 

また、持病によってはプロテイン(たんぱく質)の摂取を制限されるケースも多いのです。

 

■自分にとっての適量を知る
たんぱく質の必要量は、人によって差があります。

 

食事で補給できないぶんをプロテインとして取り入れるのがベストなのです。

 

1日あたりの必須たんぱく質は、体重から算出できます。

 

★通常の生活レベル
体重1kgあたり1~1.1g程度。

 

★ハードな運動(筋肉トレーニングなど)を習慣とする人
体重1kgあたり2g程度。

 

上記から、通常の生活レベルで体重50kgならば、必要なたんぱく質は50gくらいです。

 

ハードな筋肉トレーニングなどを習慣としているならば、2倍の100gくらいが適量となります。

 

たんぱく質は通常の食生活でカバーできるとされますが、それはハードな運動をしていない人です。

 

筋肉トレーニングを日課にしていると、食事だけではカバーできないこともあります。

 

その場合、不足するぶんをプロテインとして摂取しましょう。

 

プロテインを活用するときは、たんぱく質の割合にも着目しましょう。

 

たんぱく質の割合が80%の場合、50gのプロテイン商品を利用しても40gのたんぱく質しか摂取できないのです。